国立大学法人 旭川医科大学病院

病院のご案内
病院の概要
施設のご案内
医療機関の方へ
臨床研修
採用・募集情報

site

トップページ ≫ がん診療連携拠点病院
がん診療連携拠点病院とは?
 
がん診療連携拠点病院指定書

 旭川医科大学病院は、がん診療連携拠点病院です。

 がん診療連携拠点病院とは、専門的ながん医療の提供、がん診療の連携協力体制の整備、および患者への相談支援や情報提供などの役割を担う病院として、都道府県の推薦を基に厚生労働大臣が指定した病院です。

 本院の関連するページをご覧ください。

 腫瘍センター

 緩和ケア診療部

 * 緩和ケア研修修了者名簿

 
地域連携クリティカルパスとは?
 

 地域連携クリティカルパス(通称;連携パス)とは、手術などの初期治療を行ったがん診療連携拠点病院と、地域の一般医療機関の「かかりつけ医」が同じ方針のもとに共同で患者さんの治療に携わるために作成した「共同診療計画書」のことです。

 がん診療連携拠点病院では、患者さんを中心に地域の医療機関と情報交換を行い、地域の病院や診療所と同じ診療方針で安全で質の高い医療を目指して、連携パスを活用しています。

 連携パス(見本)ダウンロード

連携パスの種類 医療者用 患者さん用 私のカルテ
胃がん(術後) PDF PDF PDF
ZIP ZIP ZIP
大腸がん PDF PDF PDF
ZIP ZIP ZIP
肝がん PDF PDF PDF
ZIP ZIP ZIP
乳がん PDF PDF PDF
ZIP ZIP ZIP
肺がん PDF PDF PDF
ZIP ZIP ZIP
胃がん
(TS-1術後補助化学療法)
PDF PDF PDF
ZIP ZIP ZIP
※PDFファイルとZIPファイルの内容は同じです。
※ZIPファイルは複数ファイルを1つまとめた圧縮ファイルです。
 
関連ページへのリンク
 

がん情報サービス
全国のがん診療連携拠点病院の検索の他、がんに関する様々な情報のページです。

 このページのトップへ
 
当サイト内ページの一部及び、ファイル閲覧の際には下記プラグインが必要となります。お使いのパソコンで閲覧ができない場合は、各サイトからダウンロードしてご利用ください。

Macromedia Flash
トップページのFLASH画像が閲覧できない場合は、ダウンロードしてご覧ください。


Adobe Reader
サイト内にある申込書などのPDFファイルが閲覧できない場合は、ダウンロードしてご利用ください。