国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問合せ | ENGLISH |
 
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 放射線医学
 放射線医学は、X線などの放射線、放射線を発生する放射性同位元素、並びに放射線以外のエネルギー(磁場、超音波など)を扱う一分野です。
  1. 放射線診断
  2. 放射線治療
  3. 核医学
  4. IVR(インターベンショナル・ラジオロジー:画像誘導による低侵襲的局所治療)
以上の4本柱より成り立ち、放射線医学に基づく診療を実践している放射線科では、診断と治療の両面に貢献しています。
 本講座は、1976年から1993年まで教授を務めた天羽一夫(現名誉教授)のもとに放射線医学講座として発足、第二代教授として油野民雄、2014年に第三代教授として高橋康二が着任しました。
 
教授挨拶
教育
研究
スタッフ
独自ページリンク
 
トピックス
 
平成26年01月16日
高橋康二先生が第三代の放射線医学講座教授に就任
教授挨拶
 

教 授 : 高橋 康二(たかはし こうじ)

 平成26年1月16日付で、放射線医学講座の教授に就任いたしました。画像診断と放射線治療を二本柱とし、各臨床家の心強いパートナーとして、医療の質とリスクマネージメントに貢献できるよう、教室員と共に邁進する所存でおります。
 画像診断部門では、CT、MRI、PET-CTなどの各種モダリティーを駆使し、中枢神経から呼吸器、消化器、泌尿器、婦人科、骨関節等のgeneralな領域をカバーし、さらに各医師は自己の専門領域を研鑽しています。画像診断とIVRを分離せず取り組んでいることも当科の特徴となっています。
 放射線治療部門もここ数年で最新治療装置の導入が終了しており、強度変調放射線治療などの最先端治療を提供しています。
放射線科領域では、最先端医療機器および技術の開発・進歩により、従来にない新たな生体情報や診療手技が次々と提供されています。

 我々は、北海道の地域医療貢献と共に旭川から全国・海外へ発信することに、全力で取り組んでおり、全国の中核病院や海外施設との提携も積極的に進めております。志のある若い医師にとって、チャレンジできる多くの機会がある、エキサイティングな領域であると確信しています。

 このページのトップへ
教育
 

医学科講義

第1学年「生命科学II」の中の「放射線」のうち3コマ
第2学年「生命科学VI」の中の「画像構築・画像処理」のうち「臨床」、「X線撮影」のうち「造影剤と造影検査」「臨床」、「核医学」のうち「放射線医薬品」「臨床」、「超音波」のうち「臨床」、「MRI」のうち「臨床」、「放射線治療総論」 (計10コマ)
第3学年「臨床医学序論」 (1コマ)
第3学年「臓器別・系統講義IV」のうち「食道疾患」、「肝疾患」 (2コマ)
第3学年「臓器別・系統講義V」のうち「神経放射線診断」、「中枢神経経の核医学診断」「放射線治療学」 (7コマ)
第3・4学年「選択必修コースI・IV」のうち「放射性物質による動態解析」(1コマ)
第3・4学年「選択必修コースII・V」のうち「癌の画像診療」「放射線療法とInterventional Radiology」 (4コマ)
第3学年「医学英語IV-A」 (30コマ)
第4学年「医学英語IV-B」 (30コマ)
第4学年「医学研究特論」 (90コマ)
第4学年「臨床医学概論IV」のうち「緊急画像診断とその治療への応用」(1コマ)
第4学年「症候別・課題別講義」のうち「リンパ節腫脹」(1コマ)
第4学年「臨床放射線学」 (15コマ)
第6学年「臨床講義(国試対策)」

医学科実習

第2学年「基礎医学実習T」(放射線画像実習)のうち3テーマ(「脳」、「胸部」、「腹部」)(計9コマ)
第5学年「臨床実習」

看護科講義

第1学年「疾病論」のうち「被曝」、「診断」

大学院講義

先端医学特論

研究
 

主な研究テーマ

放射線治療部門

  1. 乳腺、悪性リンパ腫の放射線治療
  2. 頭頚部の放射線治療、前立腺癌のIMRT

画像診断部門

1. CT,MRI画像診断全般

  1. 正常胸腺・胸腺過形成・胸腺腫瘍の画像診断
  2. 縦隔腫瘍のMRI画像診断
  3. 肺から縦隔へのリンパ経路の解析
  4. 気道HRCT画像所見と病態
  5. 肝臓MRI造影剤の動態と画像所見
  6. 救急疾患の画像所見

2. IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)

  1. 肺動静奇形の塞栓術
  2. 血管腫・血管奇形の硬化療法
  3. 腹部臓器・腫瘍塞栓術

核医学部門

  1. 臓器の機能形態診断能の向上に関する研究
  2. 心筋脂肪酸代謝及び心筋血流に関する動態解析
 このページのトップへ
スタッフ
 

平成28年1月26日現在

教授 高橋 康二
准教授 沖崎 貴琢
助教 八巻 利弘
助教 山品 将祥
助教 石戸谷 俊太
 このページのトップへ
 

| サイトのプライバシーポリシー | サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 

 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)